良い葬儀とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬儀を終了することができ…。

今日日は僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)は葬儀式や仏事でお経を読む人といった感じがありますが、古来から宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教を正確にわかりやすく、言葉にするのが使命なのです。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には正しい思想はなく家族を集中的に、親しい方など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とつながりがある人が呼び集まりさよならを言う特定数の葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を言うことがだいたいです。
昨今は通夜・告別式をしないでダイレクトに火葬場でお骨を納骨をやる『直葬』を執行するご家族が増加しています。
母屋で親族だけの法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)をする場合戒名ではなく故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の名称のほうが胸にくると思うならそれでも結構なのでは、無いだろうと考えます。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の感じとして自分は『家族だけの祭事』『家族と友人だけの仏事』が多くいて、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の括りにに連携する傾向も各々と言います。

良い葬儀とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬儀を終了することができ、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀かもしれません。
仏の教えを通して普段のトラブルを捌いたり、幸せを夢見る、そして、本尊を通して高祖の供養をするのが仏壇の値打ちだと思います。
この仏事は法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)式場の手配や位牌の準備など事前準備をすることが多々あり、(いつまでに何をするのか)ちゃんと点検しておく必要が大事です。
今どきは斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言われていますが従来祭祀儀礼を施行する場所および、祭祀儀礼を履行する施設全般を指す呼び名であり、通夜・葬儀・告別式のみ執り行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称するようです。
終活というのは最後の余生を『どういった具合に生きたいか』といったような願望を形にやること、終生の終わりに対して真剣に段取りすることで、満足する生きる活動です。

今日この頃は墓石の作成技術の大きな改良により形状の自由度が、めちゃくちゃ躍進し、ご自身のお墓を、個人で設計する事が、出来るようになりました。
重要な家族のご危篤を医者から報告されて、家族親類本人が会いたいと想う方に、一瞬でお知らせしたほうが良いでしょう。
更に想像していない時には生前に打ち合わせを、行っていた葬儀業者に葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を要請することが叶いますので、いよいよ起き始めた時もゆっくりと適応する事が可能だと考えます。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)などで施料を包みますが寄進の渡し方や表記の筆記方法などしきたりはあるかな?
一思いに書き写したエンディングノートも現存を共通して認識がなければ意味がないので、信頼のある人に伝言しておきましょう。

About the Author

No comments