奥様の実家は時宗でそのお位牌を貯蔵するのですが…。

通常小生は『法事』と言いますが、厳格に言うと、先生に読経を読んで頂くことを「法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)」と呼び、法事と宴会も含んだ催事を『法事』と言っています。
自分のことだけ思って悩みや困惑ばかりの一生を苦しみや悩みとも認識せずに生活するケースから、今の困惑に、負けてられないという気持ちに、多数存在されます。
奥様の実家は時宗でそのお位牌を貯蔵するのですが、自身の住む傍には臨済宗の寺がないはずです。
ご家族の要望を反映して貰えるのは別の言い方では業者本意ではない業者だと言い切れますしそのような葬儀社は、たいてい、異なる部分も。申し分ないと思っていいでしょう。
葬儀や仏事・祭事などで施料を包みますがお経料の包み方や表記の書くマナーなど基本はありますでしょうか?

近頃では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称されていますが元々祭祀儀礼を行う建物および、祭祀儀礼を開く建物全般を示す言い方であり、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)葬儀のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称することも多いようです。
仏の供養を行う遺族が失い消えてしまうとか身寄りの人、の代役として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に手配して、お亡くなりになられた命日に、契約した年数、供養をやってもらうこと、永代供養と呼んでいるようです。
終の棲家で内輪だけの法事をされるケースだと戒名ではなく故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の名称のほうが胸の内にしっくりくるのであればそれでも悪くないのでは、無いんじゃないかと思います。
大量の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)の力によって母親は助けられるであろうと言われていてお参りしてみたら母は餓鬼の苦しみから逃げ出せ、それこそがお盆であると言われています。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の動向や実施するべき点というのは葬儀屋がアドバイスしてくれますしご挨拶もテンプレートが用意していますから、それをちょっと家族の言葉を加えて挨拶に変えればいいだけです。

お釈迦様の経典を介して平常の難題を処理したり、幸せを渇望する、あるいは、如来を通して高祖の供養をするのが仏壇のお役目と思います。
小学生の頃にお母ちゃんを死なれたので祭祀は無知で、更には相談できる知り合いもいないので、五十回忌といっても何を行うのが良いのか不明でした。
葬儀祭典から弔辞を願い出た人に届くまで、望まれたら微細なことまで記述する事が出来るのがリビングウイルの実利でもあると思います。
通夜は一昔前は親族が徹夜で死者にお供するものが当たり前だったが、現代では幾世で終わる半通夜が自然です。
納骨堂は全国津々浦々に建てられており訪問に便利な寺や都内から距離のある、静かな寺院まで、選択肢は豊富です。

About the Author

No comments